ひょっとこ面(普通面)

ひょっとこのお面です。こちらは当方の古くから伝わっている型です。

ひょっとこは「火男」が訛った言い回しです。尖った口は火吹き棒を吹いて火をおこそうとしている姿を切り取ったもので、元々は火災除けの神さまです。

女性の「お多福(おかめ)」と夫婦として対に飾られることが多く、お多福は福を多く招くということから、その家は福が多く火事にならない、という縁起物になります。

そして夫婦円満もあらわすようです。

古き日本よりの縁起物として贈り物としても最適です。

※壁掛けとして吊るせるようにあらかじめ上部に紐がついています。

サイズ:高さ18㎝、横幅13㎝、奥行6㎝

関連商品

¥2,160 (税込)