招き猫3号(No3,Beckoning cat)

ちょこんと座った猫が手(前足)を耳の横まで挙げて、人を招くような形をした「招き猫」は達磨や福助と並ぶ日本独特の縁起物です。

その発祥については諸説あるも(彦根藩主を難から救った猫に由来する豪徳寺招福猫児縁起や、吉原の遊女の可愛がっていた猫が身代わりになって大蛇から遊女を守ったという薄雲伝説など)断定は出来ず、はっきりと招き猫と確認できるものは、嘉永年間(1848~54)に浅草花川戸のの老婆が見た夢を元に造られ大流行したという「丸〆猫」。

ただし、そのルーツを古く中国まで遡れば、863年に没したという段成式の「西陽雑俎続集」に「俗語、猫洗面過耳、則客室」(猫が顔を洗う時耳を越せば、しばらくして客が来るだろう)という諺があり、これが招き猫成立の下地になっていると思われます。

長い歴史の中で形作られてきた招き猫には、その色、形にもそれぞれ由諸があり、右手を挙げているものは「お金」を招き、左手を挙げているものは「人」を招くといいます。

そして挙げた手が高ければ高いほど(耳を越せば越すほど)より遠くから呼び寄せるとも言われています。

また色については

「白」は福招き。

「赤」は疫病除け。

「黒」は除難免災。

「緑」は合格祈願。

「ピンク」は恋愛成就・縁結び。

「黄」は金運を願ったものです。

江戸時代から商売をする店の神棚には必ず招き猫が祭られ、養蚕業が盛んな地域では蚕の害敵であるネズミを追い払うものとしても祭られました。

3号サイズ・・・高さ27cm  横幅16cm 奥行14cm

どれも座布団がつきます。

手作り品のため、作品はその都度見本とは若干異なる場合がありますのでご了承ください。

またご注文の際は、挙げている手が「右手」か「左手」をご指定いただき、更には「色」の指定もお選びください。

その他「名入れ」「店名入れ」「日付」などもご要望にお応えして書き入れることが可能です。

ご不明な点がありましたらお気軽にお尋ね下さい。

 

 

招き猫3号(No3,Beckoning cat)
招き猫3号(No3,Beckoning cat)
招き猫3号(No3,Beckoning cat)
招き猫3号(No3,Beckoning cat)
オススメ
商品コード: 1
招き猫3号(No3,Beckoning cat)

「開店祝い」「引越祝い」「長寿祝い」などのプレゼントに最適です。

全て手作業で作られた一品作となります。

名入れも承ります。

関連カテゴリ:
定番商品
定番商品 > 招き猫
通常価格:11,000
販売価格:11,000
ポイント:0Pt
数量
在庫
有り